高尿酸血症の診断

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風とは > 高尿酸血症の診断

高尿酸血症の診断/痛風とは

高尿酸血症の診断

尿酸の一般的な数値は女性よりも男性の方が高いのですが、その理由として女性ホルモンの影響が考えられます。男性の一般的な尿酸値は平均で3.5〜7.0mg/dl、女性の一般的な尿酸値は2.4〜5.8mg/dlと言われています。この尿酸値は血液1dl中にどれ位の尿酸が含まれているかを示す数値です。この7.0mg/dlという数値を越えると高尿酸血症と診断されます。


スポンサードリンク

尿酸が結晶化する数値

痛風の発作は血液中の尿酸値が高い場合に起こります。理論上では血液中に溶ける尿酸の量は6.4mg/dlで、それ以上になると尿酸ナトリウムとして結晶化してしまいます。ただ、血液には色々なものが含まれているので、理論上の数値より結晶ができにくく、実際は7.0mg/dl以上になると尿酸が結晶化し、関節やその周辺に沈着していきます。

痛風発作の起きやすい状況

栄養の過剰摂取やアルコールの飲み過ぎ、精神的なストレス、肥満、激しい運動、体を冷やしてしまった時、などが痛風発作が起きやすいと状況と考えられています。高尿酸血症や尿酸が沈着していることには自覚症状がないので、突然痛風発作に襲われると「昨日まで何もなかったのに何故急に?」と疑問に思うかもしれません。しかし高尿酸血症の状態が続いている限り、いつ痛風発作に襲われてもおかしくないのです。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .