痛風と肥満・ストレス

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の原因 > 痛風と肥満・ストレス

痛風と肥満・ストレス/痛風の原因

日常の注意点のまとめ

痛風の方は尿酸値を下げるために、日常生活で次のような点に注意しましょう。 1、バランスの取れた食事に気をつける。2、プリン体を多く含む食品を控える。3、水分を多めに補給する。4、アルコールは適度に。5、肥満を解消する。6、適度な軽い運動を行うこと。7、精神的ストレスをうまく緩和する。


スポンサードリンク

適度な運動

毎日の適度な運動は、尿酸値の高い人には大切です。激しい運動は逆効果ですが、毎日の暮らしの中で少しでも運動を取り入れるようにしましょう。できれば水泳やウォーキングなどの運動が好ましいのですが、忙しくて出来ないという人は、階段を利用したり、仕事途中やお風呂に入る前後に簡単なストレッチするなどでも違います。ただし、汗をかいたら多めの水分補給を忘れずに行って下さい。

痛風と肥満

肥満体質の人は体重を落とすことで尿酸値が下がると言われています。肥満であれば必ず尿酸が高いという訳ではありませんが、痛風になる人の2人に1人は肥満だとも言われており、やはりその傾向はあります。これは、肥満体質の方が肉類や油物など、高カロリーの食べ物を好む傾向にあるためと思われます。動物性たんぱく質の摂り過ぎが、尿酸のもととなるプリン体を体内に増やす原因になり、それが痛風の発症の引き金となると考えられます。

汗との関係

また、肥満体質の方には汗かきが多いことも尿酸値を高める原因です。尿酸は汗の中にはあまり排出されず、大部分が尿として体外に排出されます。しかし、汗をかくと尿の量が減り、尿が濃くなって酸性に傾き、尿酸が溶けにくくなってしまいます。肥満はすべての生活習慣病につながると言っても過言ではないので、まずは肥満を予防・改善しましょう。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .