痛風と食生活・ストレス

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の原因 > 痛風と食生活・ストレス

痛風と食生活・ストレス/痛風の原因

食生活の変化

痛風の原因として、食生活の乱れや大食いが考えられます。以前の日本には痛風は殆ど存在しませんでした。しかし、高度成長期以降、生活が豊かになり始めた頃から痛風患者は急激に増加しています。もともと日本人の食生活は米と野菜が中心で、肉を食べる機会は多くありませんでした。しかし高度経済成長以降、生活が豊かになるとともに食卓に肉が上がる機会が増え、今では高タンパク・高脂肪の食生活が日常的になっています。その結果肥満や生活習慣病や高尿酸血症の患者も増加し、通風の患者も増えているのです。 


スポンサードリンク

アルコールの飲み過ぎ

お酒は適量であれば、血行を促進したり、ストレスを緩和したりする効果もあります。しかし飲み過ぎは良くありません。特に痛風患者にとっては大きな問題です。アルコールは尿酸の元となるプリン体を増加させる上に、尿酸を排泄するのを抑制するため、結果として尿酸値を上げる原因になってしまいます、痛風患者にとってお酒は害の方が大きいと言えます。特にビールには尿酸の元になるプリン体が多く含まれているので注意が必要です。

過度のストレス

ストレスも無視できない問題です。ストレスを長期間にわたって受けると、尿酸値が高くなる傾向があると言われています。ストレスを長期間感じることで尿酸の排出がうまくゆかず、痛風の発作が起きやすくなります。尿酸値はストレスが大きければ大きいほど上昇すると言われており、痛風の改善には食生活を見直すだけではなく、ストレスを適度に解消するなど環境改善も必要となってきます。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .