痛風とプリン体

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の原因 > 痛風とプリン体

痛風とプリン体/痛風の原因

核酸からプリン体へ

人の体は60兆もの細胞から出来ていて、その細胞は毎日新陳代謝を繰り返しています。細胞の中には細胞の核を構成する「核酸」という物質があり、それを構成するのが「プリン体」と呼ばれる物質です。プリン体は核酸の原料ですが、同時にエネルギーを発生させるATP(アデノシン三リン酸)の原料にもなる物質です。


スポンサードリンク

プリン体から尿酸へ

核酸は「ヒポキサンチン」という物質を経て分解され、プリン体になります。このプリン体が肝臓でさらに分解され、尿の中に捨てられる形になったものが「尿酸」で、通常、健康な人の体内では一日約0.6gの尿酸が作られています。つまり尿酸とは、細胞の核酸が新陳代謝によってプリン体と呼ばれる物質に変わり、そのプリン体が最終的に分解されてできる老廃物なのです。
この尿酸は、最終的に腎臓で老廃物となって体外に排泄されるのですが、排出されずに体内で増加してくると、結晶となって関節部分などに蓄積し、炎症を起こす原因になり、ついに痛風発作となるわけです。

食品とプリン体

また、尿酸の元となるプリン体は実は体内で作られるだけではなく、私達が日常口にする食品にも含まれているので、食事にも気をつけなくてはいけません。とは言っても、食品から摂取するプリン体は、体内で作り出されるプリン体に比べて少ないため、食事のみを制限しても体内のプリン体をコントロールするには不十分です。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .