痛風発作や特徴

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の症状 > 痛風発作や特徴

痛風発作や特徴/痛風の症状

痛風とは?

「痛風」という病気をご存知でしょうか?「風が当たっただけでも痛い」、「贅沢病」といった表現は聞いたことがあるかもしれませんね。痛風の症状はいきなり現れ、ある日突然、足の親指の付け根の関節が赤く腫れて痛み出します。その痛みは大の大人が2、3日は全く歩けなくなるほどの強烈な痛みです。


スポンサードリンク

痛風発作の特徴

痛風が発症するとほんの少しでも動いたり、振動が伝わるだけで激痛が走り、立ち上がることもできなくなります。この突然現れる症状は、発作的なので痛風発作と呼ばれていますが、それほどの痛みなのに大抵の場合、1週間程で徐々に治まり、暫くすると全く症状がなくなってしまうのが特徴です。

治療しないと?

このように暫くすると症状が治まるため、一時的な足の痛みと勘違いしたり、治ったものと考えて治療に行かないケースが多々見られます。しかし通風は、発作が治まったからと言って病気が改善された訳ではなく、治療しないままでいると半年から1年で、また同じような発作が起こります。それを何度も繰り返していくうちに、足首や膝の関節へと広がり、発作の間隔も次第に短くなってきます。

早期診断が重要

痛風発作を繰り返すようになると、関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓が侵されるようになってきます。表面的な関節の痛みと同時に進む内的な内臓障害が痛風の怖いところです。しかし診断が早期に行われ、医師の助言に従えば、現在の治療法では、ほとんどの患者が普通の生活を送ることができます。一度でも痛風の症状が出た方は早期に医師に相談しましょう。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .