痛風の食事療法    

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の治療 > 痛風の食事療法    

痛風の食事療法    /痛風の治療

食生活の改善がカギ

痛風はかつて「贅沢病」とも呼ばれ、ご馳走ばかりを食べていた王侯貴族に起こる病気と言われていました。しかし現在では誰にでも起こりうる病気になっています。その原因は生活が豊かになり、高脂肪・高タンパクの食生活が当たり前になったからと考えられます。つまり、食生活が通風を引き起こす原因の一つであり、食生活の改善が治療をする上でのポイントになるのです。


スポンサードリンク

痛風の食事療法とは?

食事内容やカロリー摂取量が、どのようなメカニズムで痛風や高尿酸血症を引き起こすか、全てが解明されたわけではありませんが、少なくとも食生活を改善すれば、痛風の症状が改善される事は明らかになっています。食事療法は、ある食品を食べれば痛風が改善する、というものではありません。毎日の食事内容を見直し、栄養バランス・適正なカロリーに改める事が大切です。

痛風の食事療法のポイント

痛風の食事療法のポイントを簡単にまとめてみましょう。1、プリン体を多く含む食品を控える。2、バランスの取れた食事を心がける。3、野菜などのアルカリ性食品を多めに摂る。4、水分をしっかり摂る。5、アルコールは適量にする。
では次の章で詳しく説明しましょう。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .