痛風の食事とプリン体

痛風の症状を知る!

痛風の症状を知るトップ > 痛風の予防 > 痛風の食事とプリン体

痛風の食事とプリン体/痛風の予防

痛風の食事療法とプリン体

痛風の原因となる尿酸の由来は、食事が2割で、残りの8割は肝臓や骨髄、筋肉などで合成されたものです。1日700mgが体内で合成され、1200mgが常時貯蔵されています。血中の尿酸は主に腎臓から尿中へと排泄され、尿から600mg、便から100mgが排出されます。以前はとにかく尿酸の元になるプリン体を食事で摂取しない、という考え方だったのですが、最近は少し変わってきています。


スポンサードリンク

プリン体の摂取を控える

尿酸値は食事中のプリン体含量によっても変化するので、通風や高尿酸血症が認められた場合は、基本的にプリン体の多く含まれる食品の摂取を避けるようにします。ただ、尿酸の前身であるプリン体は、食事から摂る量よりも体内で作られる量の方が多いため、食事に関してはあまり神経質に考えず、やはりバランスと栄養の取れた食事をすることが大切です。

プリン体の多い食品と少ない食品

プリン体の多い食品と少ない食品(mg/100g)
非常に多い (300mg〜) 鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝酒蒸し、鰹節、煮干し、干し椎茸
多い (200〜300mg) 豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物
少ない (50〜100mg) ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草、カリフラワー
非常に少ない (〜50mg) コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ウインナソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、じゃがいも、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、ひじき、わかめ、こんぶ

ここに注意!

動物の内臓や魚の卵にはプリン体が多く含まれています。尿酸の元となるプリン体は、体内で作られるものに比べれば食べ物から摂取する量少ないのですが、高尿酸血症の人の食生活を見ると、プリン体を多く含む食品をよく食べている傾向にあります。
特に、鶏や豚のレバー、白子など酒の肴になるものはプリン体を多く含んでいる食品が多いです。また、肉を避けて魚を食べればいい、と思って刺身などを食べる人がいますが、かつおやまぐろ、えび、いかなどはプリン体も多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

痛風とは

痛風の原因

痛風の症状

痛風の治療

痛風の予防

リンク集

Copyright(c) 痛風の症状を知る All rights reserved .